PhpStormではファイルを変更して終了すると自動的に保存されてしまう。

Note

schedule2013.10.27

visibility1826

自動的に保存される

普通のテキストエディタではファイルを編集してエディタを閉じた場合、ダイアログが表示されて「変更中のファイルは保存しますか?」と聞いてくれます。

しかしPhpStormではファイルを変更した最後の状態で自動的に保存されてしまいます。
テキストを推敲していてメモ程度に書き込んでいた場合、保存する気がなくても、エディタを閉じるとその状態で保存されてしまいます。

設定項目から変更ができるのかなと思ったのですが、仕様のようで現時点で変更不可です。

ソフト開発の方向性

製作者の意見としては、「意図せず保存していてもローカルヒストリーで戻せるから問題ないよ」という考え方のようです。

jetbrainsへのバグ報告
http://youtrack.jetbrains.com/issue/IDEABKL-6460

やりとりを見ると、機能の変更に対応する気はないように見えます。

確かにローカルヒストリーで戻せるのかもしれませんが、他のエディタ追加修正した場合や、そもそも改変に気付かないまま数日立ってしまうと、どのファイル戻せばよいのかもわからなくなってしまいそうで、怖いです。

機能は追加される?

しかし最近の別のやりとりを見ると

jetbrainsのフォーラム
http://devnet.jetbrains.com/message/5481694#5481694

「将来的には機能を追加する可能性が高い」と言ってくれているように思います。

ぜひとも終了時の自動保存機能は設定で選択できるようにしてもらいたいですね。

自動保存について

ちなみに、編集中に別のアプリケーションにフォーカスが移った時にも自動保存されてしまいますが、そちらは設定で停止可能です。

WebStorm/PhpStorm メモ – 自動保存を停止したい – {u:b}
http://d.hatena.ne.jp/ub-pnr/20111112/1321102674


 

 追記:2014年3月3日

 機能を追加する予定はない

フォーラムのやりとりを見て、「将来的には機能を追加する可能性が高い」と書いてあるのかと思っていたのですが、そうではないようです。
「この方法に慣れるともっと作業が楽になる」と書いてある様で、今の方向性から変える予定はないようですね。
ざんねん。

コメントを残す

 

2014 © Webgoto