node.jsとnpmをポータブルで使う(Windows版)

Article

schedule2014.03.21

visibility11294

lessやgruntといったweb制作のツールを利用するために、node.jpが必要となるケースが多くなりました。
僕は作業環境をどこでも実行できるポータブルアプリで揃えているので、node.jsも同様にどこでも使えるスタンドアローン形式で導入しようと思います。

node.jsのおさらい

node.jsについて

nodenode.jsはjavascript用のインタプリタといった感じでしょうか。
javascriptで書かれたlessやgruntといったアプリ(モジュールと呼ばれる)を実行できます。
基本的にCUI(黒い画面)で操作します。

モジュールについて

node.jsのモジュールは他のモジュールの機能を利用して作成されている事が多いです。
Lessモジュールも「clean-css」や「source-map」といったモジュールを利用して作られています。

npmについて

npmnpmはnode.jsのモジュールを管理するためのモジュールです。
基本的にモジュールをインストールするにはnpmを使用する事になります。
手動でインストールしようとすると、1つのモジュールをインストールするのにも、利用している他のモジュールも探して一緒にインストールしないといけないのでかなり大変です。
インストール以外にもモジュールのアップデートや削除などをCUIから行うことができます。
僕はGUIで出来た方が楽だとは思うのですが、慣れたら便利だそうです。

導入方法

1.ダウンロード

node.jsのWindowsポータブル版を配布しているサイトがあるので、そちらからダウンロードします

download

Ivan Malopinsky
http://imsky.co/downloads

2.解凍

ダウンロードしたファイルをUSBメモリやDropboxのフォルダに解凍します。

3.パスを通さないといけない

現在node.jsの存在をシステムが知らない(PATHが通っていない)状態ですので、コマンドプロンプトから実行してもエラーとなってしまいます。
ですのでPATHを通す作業が必要となります。

ちなみにインストール版を利用した場合、環境変数のPATHに自動的にインストールフォルダが登録されます。
通常ですとそれで良いのですが、ポータブルで使用したい場合はPATHの通っていない他のPCで実行できなくなってしまいます。

実は解凍したフォルダの中に利用時のみPATHを通すファイルが入っています。
それは「node.cmd」というコマンドファイルですが中身はこのようになっています。

このファイルは次のような動作をします。

  1. PATHに現在のフォルダを追加
  2. NODE_PATHにnpmモジュールのフォルダを追加
  3. node.jsを起動
  4. コマンドプロンプトを開いたままにする

ここで追加したPATHは、コマンドプロンプトを閉じると消えてしまうので、node.jsを使う時はこのファイルを開いてから、操作する形になります。

4.コマンドファイルの修正

現在の「node.cmd」は勝手にnode.jsを実行していまいますので、引数を取りたい時や、npmを実行したい時、不便です。
ですので自動でnode.jsを実行しないようにファイルを編集します。

「node」の部分を削除して、「node.cmd」を保存すれば完了です。

実行できるかテスト

修正した「node.cmd」ファイルを開いて、コマンドプロンプトで次のように入力してみて下さい。

それぞれのバージョンが表示されていれば、きちんと動作しています。

また次のように入力すれば、モジュールをインストールできます。

最後に-gオプションを付けることでnode.jsのフォルダ内にモジュールをインストールしてくれます。

npmの使い方に関してはnpm コマンドなどで検索してみてください。

コメントを残す

 

2014 © Webgoto