IntelliJ IDEAやPhpStormが誰でも無料で使えるEAP版を利用しよう!

Article

schedule2015.06.28

visibility4154

IntelliJ IDEAの製品は通常、1年間のサブスクリプションを購入して使用する形になります。
また最初は30日のお試し期間があります。

違うバージョンとしてEAPバージョンと言うものが公開されています。
EAP(Early Access Program)は言うなれば開発中のベータ版の事です。
利用者にはEAPユーザーというライセンスが与えられます。(申請等の必要はありません。)
EAPのライセンスはそのビルドに付随しており、期限は「リリース」から1ヶ月間となっています。
EAPバージョンは1~2週間で新たなビルドがリリースされるので、アップデートすれば、またライセンス期限が1ヶ月に伸びるのです。

php_eap

起動画面にはEAPライセンスユーザーである事と、そのバージョンでの使用期限が記載されています。

また、次期製品で追加予定の機能を使う事ができるのもメリットです。
ベータ版ですので製品に不良があっても自己責任ですが、僕は使っていて問題を感じたことはありません。
リリースのサイクルも早いのでバグの修正も早いかと思います。

ダウンロードはこちらから
Early Access Programs | JetBrains
https://www.jetbrains.com/support/eap/

注意点として製品版のリリースから一定期間が経過しないと時期製品の開発が始まらないので、EAP版が存在しない期間があります。
また製品版リリース後にも、その後の開発がEAPで公開される場合もあるのですが、その場合、製品版と安定性が同等と言ことでEAPユーザーのライセンスが付随しない場合もあります。

eap

それぞれのライセンス期間

 

EAPを上手く利用して、お得に開発環境を作りましょう!!

コメントを残す

 

2014 © Webgoto